封筒印刷


<フタ全面にも印刷が可能!> カラーも1色〜4色までお選びいただけます。
また、弊社では、色を調合する『特色』を行なっております。

◆封筒カラー見本 ※封筒色のご指定にお使い下さい。


※カラー見本をクリックすると、拡大して見れます。

◆DICカラー見本 ※刷り色のご指定にお使い下さい。


DICカラーは1番~2638番までの基本色の中からご指定できます。
※伝統色・その他、特殊DICカラーは不可です。
※DICカラー以外ではTOYOの基本カラーでのご指定も可能です。
※イラストレーターやDICカラーサンプル帳をお持ちでない一般のお客様は、以下のDICカラーからお選び下さい。パソコンの画面によって色は変わって見えますので、目安としてお考え下さい。

◆封筒サイズと印刷可能範囲


<封筒サイズ>
長3封筒 120×235 A4横3つ折
長4封筒 90×205 B5横4つ折
洋長3封筒 120×235 A4横3つ折
角2封筒 240×332 A4(大きめ)
角1封筒 270×382 B4
角2マチ付保存袋 250×342×34 A4(大きめ)
<印刷可能範囲>

基本はフタを含まないサイズで作成して下さい。
フタまで印刷する場合のみフタを含むサイズで作成して下さい。

<注意事項>

※ヨコ通し印刷が可能なのは、長3封筒・角2封筒・角1封筒です。
※ヨコ通し印刷は2色刷りまでの対応となります(ヨコ通し印刷は2色機で印刷する為)。

ご確認ください!

<フタにベタ印刷する際の注意点>

フタにベタ印刷する場合、フタの裏部分の一部が汚れる可能性があります。
また、封筒本体とフタ部分の厚さが違うため、印刷の印圧が変わり、封筒本体の印刷色よりもフタ部分が薄くなる可能性があります。ご了承下さい。

<洋長3封筒フタ全面ベタ印刷の注意点>

洋長3封筒のフタ裏面に付いている水糊の影響で、フタ表面にスリ傷が入る事があります。
スリ傷を避ける方法としては、「ハイシール」というフタの裏面ではなく、
封筒本体側にシールを付けるタイプで回避することが可能です。
但し、この場合印刷料金が変更になったり、納期が変わる可能性がありますので注意してください。
ご不明な点ありましたら、お気軽にお問い合わせください。


 

◆オプション


<スチック糊加工>

<両面テープ加工>

その他、版下制作(片面)、QRコード制作、ロゴトレース、写真スキャニング、 地図制作も行なっております。
金額については、お見積もりいたしますので、お問い合わせください。

※弊社のお取り扱い封筒メーカーは、ハート株式会社となっております。
他社メーカーさまの封筒もお取り扱い可能ですので、お気軽にお問い合せ下さい。