カーボンオフセット対応

バナナ名刺

 

送料は全国一律500円 カーボンオフセット
バナナ名刺(バナナ繊維22%+竹4%+古紙74%)
◆バナナは地球を救う!?

○バナナの茎の驚きの発見

現在、バナナは世界約125ヶ国で栽培されています。バナナは1度収穫されると茎を切るのですが、なんとその茎で紙が作れてしまうのです。もし、ゴミとし て捨てられるだけのバナナの茎を紙にしたら驚くことに世界中の紙がバナナでまかなえるのです。もう紙のために木を1本も切らなくてもいいのです。このバナ ナペーパーが広がれば、自然林が守られ動物達から住む森を奪うことも無くなり環境も守られ、未来に美しい森を引き継いでいけるのです。

 

イメージ

 

○バナナ名刺って何?(バナナ繊維22%+竹4%+古紙74%)

「バナナ」は3ヶ月~8ヶ月で成長し、1度実をつけると枯れ、またすぐに芽を出す多年草。バナナ原産国では、収穫時に根元から切り倒し、ゴミとして大量に廃棄しています。しかし、実はその茎の繊維が、紙の原料となる「パルプ」を作るのに適しているのです。そこで、薬品を一切使わない製法で茎をパルプ化、古紙を74%混ぜ、名刺用紙を作製いたしました。これが「バナナ名刺」です。

 

名刺の紙はバナナ繊維22%+竹4%+古紙74%で出来ています。紙の元となるパルプを作る工程では色々と化学薬品を使うのが一般的ですが、このバナナ名刺は無薬品非加熱、水だけでパルプを作ります。バナナ名刺は原料だけではなく工程も地球にやさしいのです。

 

○和紙のようなやさしい風合

バナナ名刺はバナナの茎の繊維質が見え、和紙のような風合です。

厚さは約0.20~0.25mmですが柔らかめです。

イメージ

質感を写真でご確認下さい。写真をクリックすると、拡大して見れます。

 

写真を拡大
◆エコ名刺エコ封筒に使用する『素材マーク』と『カーボンオフセットマーク』について

○印刷面に必ず素材マークとカーボンオフセットマークを配置する事になっております。

○マークと説明文の配置位置は自由としますが、文字が被ったり・欠けたりすることの無いようお願いいたします。

又、表面ではなく裏面に配置することも可能ですが、裏面印刷が無い場合は表面の配置となります。

○マークの説明文については基本記載しますが、スペースが無い・デザイン的に合わない場合は省略可能とします。

○マークの色について基本モノクロまたはカラーとし、デザイン的に合わない場合は色の変更を可能とします。

○マークを無断で転写使用する事を固く禁じます。

○素材マークとカーボンオフセットマークのデータについては、お客様からのご注文確認が取れた方のみ、弊社よりメールにてお送りさせていただきます。

 

マークデータお問い合わせはこちらから 担当:鈴木

 

 

●素材マーク

素材を表すマークと使用表記です。

 

 

●カーボンオフセットマーク及び説明文

二酸化炭素排出権取引(カーボンオフセット)を示すマーク及び説明文です。

 

 

◆納期について

受付確定日から4営業日目に発送致します。(土・日・祝日は除く)

※事前銀行振込の場合は、入金確認後作業開始します。

 

納期図

 

※納品日は地域によって異なります。

※各種オプション加工(変形サイズ加工 他)は上記プラス3営業日かかります。

◆価格表
50枚
表黒1色片面 1,300円
表黒1色×ウラ黒1色 1,500円
カラー片面 2,000円
表カラー×ウラ黒1色 2,200円
カラー両面 3,000円
100枚
表黒1色片面 1,900円
表黒1色×ウラ黒1色 2,300円
カラー片面 3,000円
表カラー×ウラ黒1色 3,300円
カラー両面 4,400円
オプション料金
版下制作(片面) 1,000円
QRコード制作 500円
ロゴトレース(1点) 1,500円
写真スキャニング(1点) 500円
地図制作 1,000円
氏名差し替え(5名様迄) 500円

※データ入稿のお客さまはかかりません。

 

A.現在お使いの名刺をそっくり印刷します!

今お使いの名刺をファックスかスキャン、または郵送してそっくり作成!

弊社でそっくりの印刷データを作成します。一部変更して作成もOK。

変更点は、注文手続きの入稿フォームにご記入いただくか、ファックスに記載してください。

印刷工程に入る前に、作成した校正をお送りしてご確認していただきます。

図

B.お客様が作成した名刺データをそのまま印刷します!

お客さまが作成した名刺デザインデータをそのまま入稿!

データに問題がなければ印刷作業にかかります。

図

C.オリジナル(新規)で名刺作成して印刷します!

当社デザイナーがオリジナルで作成致します。

印刷したい内容をメールまたはファックス、または原稿をスキャンしてお送り下さい。

印刷工程に入る前に、作成した校正をお送りしてご確認していただきます。

図